カテゴリー「義務感」の1件の記事

2014年3月24日 (月)

「勉強しなさい」といわれるとやる気がなくなる…。

「勉強しなさい」といわれると…やる気がなくなりますね。

心理的に見ると…

(1) 勉強しようと思ってても、なかなか出来ない自分に怒りや罪悪感・無価値観という不快な感情を感じる。

(2) 怒りや罪悪感・無価値観は不快な感情であるために、人は深いな感情から逃げるために、現実逃避する。

(3) 不快な感情を抑圧すると、周りに伝わるために、勉強しない子供を見た親は、なぜかイライラしてくる。

(4) この親のイライラが子供に対して「勉強しなさい!」と怒りの感情でいいたくなる。

(4) 人は命令されると…自尊を無視されたという怒りが出てくるために、反発したくなる。この心理法則から、子供は「勉強しなさい」と言う言葉に反発心 を感じて「勉強するもんか!」になる。

(5) 自分が逃げていた不快な感情を他人から指摘されると、さらに不快な感情と向き合わないといけなくなるために…罪悪感や無価値観が増幅される。(不 快な感情がブーメランのように戻ってくる)つまり、「勉強しなさい」といわれた子供は、自分の怒りや罪悪感・無価値観がさらに増幅します。子供は増幅した 不快な感情からさらに逃げるために、現実逃避します。

という心理で、
「勉強しなさい」といわれると…やる気がなくなります。

ちなみに、「部屋をかたづけなきゃ!」もこれに似た心理現象です。

心理的なアプローチだと、
「なぜ勉強するのが嫌なのか?」
という心理と向き合うことが求められます。

私も、「しなければいけない」ことに取り組む時は、
「やらなきゃ!」と自分を追い込む事はせずに、「やりたくな〜い、やりたくな〜い」とのたうち回ります。
そうすると、不思議な事に…「仕方がないな。やろうか」と言う気分になったりします。
(でも、とてつもなくやりたくないという感情が出てきた時は、現実逃避も自分に許しています。これは自分の行動を「選択」した結果ですので、現実逃避して も不快な感情が起きにくいやりかたなんです)


コーチング的アプローチでは↓のようなやり方だそうです。

「勉強しなさい」と言わなくてもいいコミュニケーションとは?[やる気を引き出すコーチング] 石川尚子 - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/life/news/140318/edc14031815340002-n1.htm

まず、行きたいゴールからたずねる

(1)来年の4月にどうなっていたいですか?

(2)その時を10点満点とすると、今は何点ですか?

(3)今できていることはどんなことですか?

(4)何をすると、足りない点を上げることができますか?

(5)それをするための行動計画を考えてみましょう。

その他のカテゴリー

Infometion

フォト

Add Clips

  • ブックマーク
  • RSS

ウェブページ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カウンタ


  • QLOOKアクセス解析