« 心理分析療法について | トップページ | 「ごめんですんだら警察はいらない」は…間違いですよ! (1) »

2012年12月14日 (金)

罪悪感の心理学を書いていこうと思っています。

この世に日本語で「罪悪感」について書かれた専門書っていくらあるのだろう?
実は「罪悪感」について書くと、本一冊できるくらい、人間の性格に影響を及ぼしてる感情らしいです。

例えば、「正義を振りかざす人」も罪悪感からくる行動です。

正義を振りかざすとき、必ず相手は「悪者」になります。
つまり「正義を振りかざす」には、「悪人が必要」であり、「悪者」がいなければ、「正義は振りかざせない」んですよね。
さらに「正義を振りかざす」とき、本人は「悪者になれない」という原理があります。
人が「自分は悪者になりたくない」と思ったら、「正義」になるしかない…。
これを心理的にみると、「自分の罪悪感からの逃避」になるらしいです。

« 心理分析療法について | トップページ | 「ごめんですんだら警察はいらない」は…間違いですよ! (1) »

罪悪感」カテゴリの記事

Infometion

フォト

Add Clips

  • ブックマーク
  • RSS

ウェブページ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カウンタ


  • QLOOKアクセス解析