« 罪悪感(1) | トップページ | 罪悪感と物欲 »

2012年12月28日 (金)

罪悪感(2)

今回は、子供の頃の罪悪感を俺の知っている範囲で考察しようと思います。
ただし、あくまでも俺の知っている範囲であり、
知識不足は、ご了承ください…m(_ _)m。
もしかしたら、間違いもあるかもしれません。そこもご了承ください…m(_ _)m。


さて…、子供にとって最大の欲は、「親に愛されたい」…という欲になると思われます。

ということは…子供にとって、「親に愛されなかった。」という経験は、最大のショックだと思われます。

そんな時に…子供は、「親に嫌われた。」という思考の次に、
「自分が悪い子だから嫌われた…。」と思うそうです。

これは、単純なことでもおきるそうです。

例えば、
子供が遊んで欲しい時に、親がたまたま(夕飯の支度等で)忙しく…、
「今は、ダメ!」
と、断る場面でも、子供にとっては大変ショックです。
大人であれば、相手を気遣う事が出来ますが、自我の発達前の子供にはそこまでは理解できません。

もし、親の都合が終わって、子供とふれあう時間を作って、
子供のショックをフォロー出来れば、良いのですが…、

厳しい親は、子供のショックにはかまわずに、子供に我慢をさせたりします。

そうすると…子供心に「自分は悪い子だから愛してくれないんだ…。」と思い込んでしまいます。
「自分が悪い」=「罪悪感」です。


ずっと罪悪感を意識していると、そのうちに、それが「無意識的」に罪悪感を感じるようになることがあります。

発育盛りの子供であれば、「意識から無意識になる現象」は顕著です。

子供時代の罪悪感が、その後の人生にどんな影響を与えるのでしょうか?

詳細なパターンは、人それぞれですが、ここは簡単に、
「無意識に罪悪感を感じるタイプ」=「罪悪感タイプの性格」
として、その性格パターンをいくつか考察してみようとおもいます。



(パターン1)
他人に対して、「すごく申し訳ない…」という気分になり…、
「こんな悪い自分にはかまわないでください…。」と引きこもるようになります。
違う言い方をすれば、「自分は毒だ」という感覚です。

もし、あなたが、酷い猛毒の細菌による感染症にかかったとします。
その時に、大好きな人に近くにいて欲しいと思いますか?
普通の人は、好きな人に悪い病気を感染させたくないので、自分から離れます。

パターン1は、罪悪感から引きこもるパターンです、

(パターン2)
「ごめんなさい」が口癖になりやすいパターンです。
他人に親切にしてもらったり、気遣ってもらったりした場合、普通は「ありがとう」なんですが…
罪悪感タイプは、「ごめん」と言ってしまいます。
それは「こんな悪い自分に貴重な気を使わせてしまって、申し訳ない…」という感覚になるからです。
こんな悪い自分に気を使ってもらう事は、
無駄な気を使わせてしまった気分になります。
だから、「ごめんなさい」なんです。


(パターン3)
パターン1に近いですが…、自分をとことん責めるパターンです。
誰かが自分に対して嫌な顔をしたり、誰かが自分を責めてきた時…、
「やっぱり自分は悪い人なんだ…。」
「自分は悪い人だから、こうなるんだ…。」
「こうなったのは、全部、自分のせいだ…。」
と自分をとことん責め続けます。

罪悪感とは、「自分は悪い人だから罰を受けて当然だ…」という感情です。

« 罪悪感(1) | トップページ | 罪悪感と物欲 »

罪悪感」カテゴリの記事

Infometion

フォト

Add Clips

  • ブックマーク
  • RSS

ウェブページ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カウンタ


  • QLOOKアクセス解析