« 傾聴について | トップページ | 心理分析療法について »

2012年11月30日 (金)

心理アセスメントについて、思うこと。

現在、日本の心理療法は、「非指示型」が基本になっています。

日本のカウンセリングでは、「傾聴主義」と「心理アセスメント(心理テスト)」をメインにしています。

今回は、「非指示型の心理アセスメント(心理テスト)」について自分が感じてることを書いてみようと思います。



実は、カウンセラーの常識として、「心理アセスメント(心理テスト)の結果は、クライアントさんには伝えない。秘密にする。」と言うのが常識です。
しかし、クライアントさんにとっては、非常識なことなんですけどね。
だって、クライアントさんからしたら、テストの結果は知りたいじゃないですかっ!?



ではなぜ秘密にするのでしょうか?

カウンセラーの言い分はこうです。
「クライアントさんにとって、アセスメントやテストの結果は、クライアントさんにとって嫌な結果だった場合、クライアントさんに辛い思いをさせてしまう。クライアントさんを守る為に、アセスメントやテストの結果は伝えません。」
というのが、カウンセラーの言い分です。

確かにそうですよね。
クライアントさんを辛い気持ちにさせないことは、大変重要な事です。

いや、ちょっと待って!
クライアントさんを守る為ではあるのですが、実は、カウンセラー自身を守るためでもあるんです。
つまり、カウンセラーが嫌な思いをしないために、秘密にしているんです。



ある先生が、
心理アセスメントや心理テストの結果をクライアントさんに伝えなかった場合と、伝えた場合のその後の結果を調べた先生がいます。

その結果は、「心理アセスメントや心理テストの結果をクライアントさんへ伝えた方が、クライアントさんの問題解決の時間が早い。」という結果がでました。



ただし、カウンセラーの欲求で、分析結果をひけらかすのは、クライアントさんにとっては良くないです。

その見極めは、やはり、「クライアントさんの立場に立つ」ことが必要です。



心理アセスメントや心理テストの結果は、必要な部分はフィードバックした方が私は良いと思います。

面談カウンセリングで、私はある程度の心理テストをいたしています。

そして、その結果は、秘密にせず、クライアントさんにフィードバックしていきます。

« 傾聴について | トップページ | 心理分析療法について »

カウンセリング技術」カテゴリの記事

個人的な意見」カテゴリの記事

Infometion

フォト

Add Clips

  • ブックマーク
  • RSS

ウェブページ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カウンタ


  • QLOOKアクセス解析