2014年3月24日 (月)

「勉強しなさい」といわれるとやる気がなくなる…。

「勉強しなさい」といわれると…やる気がなくなりますね。

心理的に見ると…

(1) 勉強しようと思ってても、なかなか出来ない自分に怒りや罪悪感・無価値観という不快な感情を感じる。

(2) 怒りや罪悪感・無価値観は不快な感情であるために、人は深いな感情から逃げるために、現実逃避する。

(3) 不快な感情を抑圧すると、周りに伝わるために、勉強しない子供を見た親は、なぜかイライラしてくる。

(4) この親のイライラが子供に対して「勉強しなさい!」と怒りの感情でいいたくなる。

(4) 人は命令されると…自尊を無視されたという怒りが出てくるために、反発したくなる。この心理法則から、子供は「勉強しなさい」と言う言葉に反発心 を感じて「勉強するもんか!」になる。

(5) 自分が逃げていた不快な感情を他人から指摘されると、さらに不快な感情と向き合わないといけなくなるために…罪悪感や無価値観が増幅される。(不 快な感情がブーメランのように戻ってくる)つまり、「勉強しなさい」といわれた子供は、自分の怒りや罪悪感・無価値観がさらに増幅します。子供は増幅した 不快な感情からさらに逃げるために、現実逃避します。

という心理で、
「勉強しなさい」といわれると…やる気がなくなります。

ちなみに、「部屋をかたづけなきゃ!」もこれに似た心理現象です。

心理的なアプローチだと、
「なぜ勉強するのが嫌なのか?」
という心理と向き合うことが求められます。

私も、「しなければいけない」ことに取り組む時は、
「やらなきゃ!」と自分を追い込む事はせずに、「やりたくな〜い、やりたくな〜い」とのたうち回ります。
そうすると、不思議な事に…「仕方がないな。やろうか」と言う気分になったりします。
(でも、とてつもなくやりたくないという感情が出てきた時は、現実逃避も自分に許しています。これは自分の行動を「選択」した結果ですので、現実逃避して も不快な感情が起きにくいやりかたなんです)


コーチング的アプローチでは↓のようなやり方だそうです。

「勉強しなさい」と言わなくてもいいコミュニケーションとは?[やる気を引き出すコーチング] 石川尚子 - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/life/news/140318/edc14031815340002-n1.htm

まず、行きたいゴールからたずねる

(1)来年の4月にどうなっていたいですか?

(2)その時を10点満点とすると、今は何点ですか?

(3)今できていることはどんなことですか?

(4)何をすると、足りない点を上げることができますか?

(5)それをするための行動計画を考えてみましょう。

2013年2月 8日 (金)

自分には価値がないように感じる感情について考察(0)

「自分には価値がないように感じる感情」について考察しようと思います。

「自分には価値がないように感じる感情」…ちょっと長いですね…。
ここでは、省略して…「無価値感」という言葉を使いたいと思います。

「無価値観」に近い概念に「劣等感」というのもあります…。
どちらも「自己を否定する感情」にはなるのですが…

…、心理学の体系ではなく…俺の個人的に感じてることですが…
「無価値感」と「劣等感」を分けて考えたいと思います。

俺が個人的に、解釈すると…

「無価値感」は「自分には価値がないように感じる感情」であり、「自己の価値に虚無感を感じる感情」ともいえます。
(となると…「無価値感」を「自己虚無感」と言ってもいいかもしれませんね。)

「劣等感」は、「自分は劣っている。ダメな人間のように感じる感情」であり、「自己の価値は劣っていると感じる感情」であると、

俺は個人的に勝手に解釈しています。

つまり、「無価値感」と「劣等感は」は、「自己を否定する感情」であることは同じですが…俺の個人的な感覚で、「虚無感」と「劣等感」を分けて考えたいと思います。



ちなみに…俺は、「罪悪感の考察」は得意ですが…、「無価値観の考察」は苦手なので…あまり詳しくは書けないかもしれませんが…、
「男の心理」と「女の心理」に密接に関係するのが…「罪悪感」と「無価値観」だと思っているので…、
「男の心理」と「女の心理」について、今後、書いていく前に、「無価値感」の考察はしようと思います。



さて、「無価値感」といっても、それを行動にするパターンはいくつかあります。
ざっと考えてみると…、

1.無価値観を受け入れる。(どうせ…自分なんか…と落ち込む。卑屈になる。自己評価を下げる。)
2.無価値観を感じないように振る舞う。自分には価値があるように振る舞う。(補償行為)
3.自分に価値を与えてくれなかった人に怒りを感じる。(嫉妬心)
4.自分の周りに、価値のあるもの(ブランドもの)をおいて、自己価値が上のように振る舞う。(補償行為)
5.自分を価値のあるように周りに振舞ってもらうように求める。(無価値感のニーズ)
6.価値のあるものに執着する。(執着心)
…etc





今回、タイトルで、(0)にしたのは…「無価値感」について…どんなテーマで書いていこうか…ただいま、迷っています。

個別のテーマが決まったら、いろいろと書いていきたいと思います。

2013年1月17日 (木)

罪悪感と物欲

罪悪感とは…「自分は悪いと感じる感情」です。
悪いと思う気持ちが、自分に向かうと…「自分は罰を受けなければならない。」「自分を罰しないといけない。」
という気持ちになります。



自分を罰する為に、
「自分が豊かを手にする」ことを無意識に遠ざけてしまいます。
「豊かになってはいけない…。」と無意識に感じてしまいます。

まず…「豊かさ」の象徴として大きいのは…「お金をもつ」ことです。
「罪悪感を感じる」→「豊かさを遠ざける」→「お金を遠ざける」
ことに…なりかねません。
お金を遠ざける…簡単な方法は、ずばり「浪費する」ことです。



ある…「お金持ちの習慣」に…、「お金が手に入った時に、感謝をする。」という話を聞いたことがあります。
罪悪感の人は…これができません。
お金が入ると…「なんだか申し訳ない」気持ちになるのが…罪悪感タイプの人の特徴になります。

お金を「ありがたい…」と思えば…お金を大事に使います。
お金に対して「申し訳ない」と思えば…お金を遠ざけよう…とします。


「ブランド物」も、ある意味、「豊かさ」の象徴でもあります。

罪悪感タイプの人の全員ではないと思いますが、ほぼだいたいの罪悪感タイプの人は、
「ブランド物を持つ」ことに興味が持てません。
私には「安いので充分…」という感覚になります。
「自分を罰する」気持ちから、ブランド物を持つ事が出来ません。



罪悪感タイプの人の浪費のパターンとして、
「形に残らないものに浪費する」というパターンに入ります。
「罪悪感からお金はもてない。浪費する」、
「罪悪感からブランド物のように形に残る物も持てない。」とすれば…、
一番落ち着く「浪費」は、「形に残らないものに浪費する」んです。


罪悪感があるとブランド物を持つ事が出来ない…パターンもありますが、
浪費の為に…ブランド物を購入するパターンもあります。

でも、その浪費の買い物は、

罪悪感から自分を苦しめるために買ったものなんです。
自分を幸せにするために買ったものではなく、
自分を苦しめるために買ったものです。
そんな罪悪感から買った物は、どうしても、「罪悪感を象徴」したものになってしまいます。

その場合、購入したブランド物を身に付けたり、使用する事は…なかなか出来ず、
また、日常、目につく場所にも置けないので…、
だいたいは、タンスの肥やしにするか、隠そうとします。

そもそも、自分を罰する為の「浪費」ですから、
「浪費する」ことが目的なので、
ブランド物を持つための浪費ではない…。




カウンセリングで…罪悪感の解決法は…、

行動療法であれば…、「ブランド物を購入して、身に付けたり、使用する」ように宿題をだします。

お金持ちのやり方を参考にするなら、
「お金に対して、感謝をする。」というセラピーを提案させてもらっています。

または、罪悪感を持ってしまった原因となったトラウマを癒したり、
インナーチャイルドセラピー…もあります。

罪悪感を癒す方法はいくつかありますので、
ぜひ、カウンセラーにご相談下さい。

«罪悪感(2)

Infometion

フォト

Add Clips

  • ブックマーク
  • RSS

ウェブページ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カウンタ


  • QLOOKアクセス解析